本文へスキップ

断熱塗料販売 断熱塗装のエキスパート アクアダンネツ株式会社

断熱塗装 ご購入は 04-7192-2642

メールフォームへ

断熱塗料 塗装紹介CASE 24

セラミック・カバーCC100 塗装事例(24)

御食事処店舗(しゃぶしゃぶ)冷・暖房空調ダクト断熱施工

調理場の空調ダクト
 調理場の空調ダクト。結露防止、省エネの為のセラミック・カバーCC100による断熱施工。
ダクト養生工程
 養生工程。これからも増え続けるチェーン(ストア)店にはコスト削減以外では何らかの省エネ策は必要でしょう。
ダクト養生工程
屋上にある冷暖房機から出た冷暖気はダクト内を通って送風され調理室まで届いております。ダクトには一切の断熱材は使用されておりません。
調理室ダクト
調理室につながる冷暖房機のダクト周り及び下をセラミック・カバーCC100で塗り、結露を防ぐような施工が施してあります。冷房に必要なダクト内の冷気の流れを保温し、生じる結露、冷気熱の外気による干渉を抑えるのが目的です。特に夏場は効果的で冷暖房機にかかる負担、稼動を抑える事にもなります。
断熱塗装
断熱塗装
室外機
 各部屋のエアコンの室外機。夏場の屋上は熱の溜まりやすい場所となります。
断熱塗装
ダクトの断熱塗装
排気ダクト
調理場からの排気ダクト。ここは断熱を必要としない為、色合わせによる美観的な塗装のみにしました。セラミック・カバーCC100は使用しておりません。
ダクトの色合わせ
ダクト塗装工程
ダクト塗装
ダクト塗装
ダクトの塗装作業
ダクト外観
ダクト外観
塗装作業
塗装作業
断熱塗装後のダクト
 塗料型断熱材セラミック・カバーCC100塗布後。断熱コーティングにより外気影響なくダクト内の冷暖房熱が流れ易くなります。
断熱塗装後のダクト
 右側のダクトはセラミック・カバーCC100塗布し、トップコート処理済み。完成。
足場作業
 ローリング・タワー(足場)による作業です。
右は調理場に入る冷暖房用のダクト。断熱塗装済
左側排気ダクト。トップコート仕上げ
2本あるダクトの右は調理場に入る冷暖房用のダクトでセラミック・カバーCC100を塗布したもの。
向かって左側がトップコートのみの排気ダクト。外観的には断熱材が使われているとは見た目わかりません。
空調ダクト 断熱塗装完成
 上、完成状態。
調理場に入るダクト
 屋上、トップコート処理の作業様子です。
調理場に入るダクト(トップコート)
空調ダクト トップコート工程
冷暖房空調ダクト断熱完成
完成。セラミック・カバーCC100は塗料に含まれる断熱特性に関わる内容固形物が85%以上と多い分、ほか塗料と比べると塗りにくい部分もあり作業工程上妥協できず楽ではありません。ですがそれは断熱材を塗料に置き換えて施工するということでもあり、効果重視のためでもあります。見た目わからずとも差の出る塗料、それがセラミック・カバーCC100です。
折板屋根
 調理場屋上の折板屋根の断熱塗装。省エネ化に。
調理場屋上

バナースペース

アクアダンネツ株式会社

環境システム事業部
〒270-1443
千葉県柏市鷲野谷1043-11

TEL 04-7192-2642
FAX 04-7192-2643