本文へスキップ

断熱塗料販売 断熱塗装のエキスパート アクアダンネツ株式会社

断熱塗装 ご購入は 04-7192-2642

メールフォームへ

断熱塗料 塗装紹介CASE 26

セラミック・カバーCC100 塗装事例(26)

工場内設備[1]断熱塗装

自動半田槽ブース
 自動半田槽のブース(断熱塗装済み)。半田槽が稼動している間はブース内の熱が上部に集まり、ブース天井の鉄板が60℃位になっていました。場内エアコンの省エネ化と半田槽の熱をエアコンにより冷やさないようにするのが目的。 
セラミック・カバーCC100の自家塗装
塗り方の説明をしました。セラミック・カバーCC100の自家塗装です。 断熱塗装は一般塗装よりも技術を要しますが、ご説明することで塗られるケースもあります。
自動半田槽ブース
乾きを能くすのに塗布した後に電源を入れます。熱がある所にも直接塗布できますが、あまり高温だと乾きが早いので刷毛塗りの際の刷毛自体が固まってしまいます。 
自動半田槽ブースの稼動
このブースは、電子基盤の半田を自動に行う機械。300℃の温度で半田を溶かします。 
コンプレッサー室
上)コンプレッサー室 トタン製の屋根、壁にセラミック・カバーCC100を塗装、トップコート仕上げ。猛暑により室内温度が上昇、頻繁にコンプレッサーが停止し困っていたところで、対処法としてトタン壁を切り、風通しを良くし温度上昇を下げる試みをされましたが、変わらず対処に困っていた所でセラミック・カバーCC100を知り、塗布してみた結果、効果抜群で、それ以降停止することもなく喜ばれております。 
結束機と貯水タンク
熱損失を少なくし、熱やその物の機能を有効に活用します。注意することは、放熱をしなければならない機械類は断熱塗布することによって、内部温度が保温されるので支障を来たす恐れがありますので気をつけて塗布するようにして下さい。上、貯水タンクは結露のため上部のみ塗布。結露がなくなってから塗布します。効果として、外気温の影響が少なくて済むので夏は冷たい水で、冬は通常より暖かい水になります。 
精密機器具製造業 株式会社サイテック

バナースペース

アクアダンネツ株式会社

環境システム事業部
〒270-1443
千葉県柏市鷲野谷1043-11

TEL 04-7192-2642
FAX 04-7192-2643